元ペイルセインツのイアン・マスターズが奏でる珠玉の名作

40

イアン・マスターズはPale Saintsで「The Comforts of Madness」「In Ribbons」という素晴らしい2枚のアルバムを発表後、バンドを脱退。その後、Spoonfed Hybrid名義で美し過ぎる、この1stアルバムを発表した。ペイル・セインツでの初期衝動的なサウンド、カオティックなノイズは陰を潜め、シンセを中心に美しい音世界が広がります。元々イアン・マスターズの透き通るような声が好きだったので、よりその美しさが引き立っているこのアルバムが大好きです。特に1曲目「Heaven's Knot」ラストの「Boys In Zinc」は超名曲!「Boys In Zinc」の直前「Ecnalubma」では1曲目「Heaven's Knot」のフレーズがリフレインされ、感動的ですらあります。

個人的に超おススメのアルバムです◎ 


Spoonfed Hybrid / Spoonfed Hybrid (1993)>>

1. Heaven's Knot
2. Naturally Occurring Anchors
3. Tipy Planes
4. Stolen Clothes
5. Lynched
6. 1936
7. Getting Not To Know
8. Somehow Some Other Life
9. A Poketetfull Of Dust
10. Ecnalubma
11. Boys In Zinc




にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


音楽(ロック・ポップス) ブログランキングへ