オルタナティブロック おすすめ レビュー

極めて私的ではございますが、
大好きな音楽アルバムをご紹介してみたいと思います。
USインディロックUKインディロッククラシックロック等が好きです。
ロック作品が中心ではありますが、お付き合いいただければ幸いです。
傑作アルバム、これぞ名盤と感じた素晴らしい作品をおすすめ!

タグ:インディ

大好きなUSインディバンド ヨ・ラ・テンゴのオススメアルバム

31Y70ZFMXFL

めちゃくちゃ好きなUSバンドYo La Tengoの6thアルバム「ペインフル」です。ヨ・ラ・テンゴは沢山のアルバムを発表していて、どの作品も好きなのですが、アルバムの中に色んな音楽要素を盛り込んだ作品が多い中、この6thアルバムには、アルバム1枚を通しての統一感みたいなものが感じられてお気に入りのアルバムです。
FUZZギターとトレモロエフェクターとオルガンが使われていて、サイケデリックでツボなんです。

何と言っても、アルバムラストを飾るインスト曲「I Heard You Looking」が素晴らしく感動的です。実はこの曲の素晴らしさに気づいたのは、ライブ演奏を観てからだったのですが、ライブ終盤に演奏された「I Heard You Looking」にめちゃくちゃ感動しちゃったんです。Yo La Tengoのライブには数回行っているのですが、後半の長尺の曲が素晴らしいです。僕は前回見た時に感動したアルバムElectr-O-Pura収録の「Blue Line Swinger」を期待していたのですが、「Blue Line Swinger」を演奏しなかった代わりに演奏された「I Heard You Looking」が美しく大感動したのであります。「Blue Line Swinger」が収録されているアルバムElectr-O-Puraも僕のフェイバリットアルバムです。
一般的にYo La Tengoの名盤はアルバム「I Can Hear the Heart Beating As One」と言われているようですが、この6thアルバム「Painful」、7thアルバム「Electr-O-Pura」も素晴らしいです♪

7thアルバム「Electr-O-Pura」の方が、全体的にポップで明るい印象です。 




にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

元ペイルセインツのイアン・マスターズが奏でる珠玉の名作

40

イアン・マスターズはPale Saintsで「The Comforts of Madness」「In Ribbons」という素晴らしい2枚のアルバムを発表後、バンドを脱退。その後、Spoonfed Hybrid名義で美し過ぎる、この1stアルバムを発表した。ペイル・セインツでの初期衝動的なサウンド、カオティックなノイズは陰を潜め、シンセを中心に美しい音世界が広がります。元々イアン・マスターズの透き通るような声が好きだったので、よりその美しさが引き立っているこのアルバムが大好きです。特に1曲目「Heaven's Knot」ラストの「Boys In Zinc」は超名曲!「Boys In Zinc」の直前「Ecnalubma」では1曲目「Heaven's Knot」のフレーズがリフレインされ、感動的ですらあります。

個人的に超おススメのアルバムです◎ 


Spoonfed Hybrid / Spoonfed Hybrid (1993)>>

1. Heaven's Knot
2. Naturally Occurring Anchors
3. Tipy Planes
4. Stolen Clothes
5. Lynched
6. 1936
7. Getting Not To Know
8. Somehow Some Other Life
9. A Poketetfull Of Dust
10. Ecnalubma
11. Boys In Zinc




にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


音楽(ロック・ポップス) ブログランキングへ

文句なしに大好きなバンド『ニューオーダー』の入門盤としておススメのベストアルバム

url

なんて不思議なバンドなんだろうか。勿論、楽曲も素晴らしいのだが、音楽に対する姿勢や行動の全て、存在自体に愛情を持ってしまう、数少ないバンドなんです。New Orderの前身バンドJoy Divisionがカリスマ的ヴォーカリストであるイアン・カーチスを失った失意の中、残りのメンバーがバンドをスタートさせる。Joy Divisionが陰鬱なパンクロックバンドであったのに対し、New Orderは、そのパンクスピリットを継承しつつも、なんとダンスエレクトロなサウンドを構築する。素人感覚を隠さないまま、作り出すサウンドはチープだが、とても素晴らしい。一聴すると「ダサいなぁ」ってフレーズも、不思議と格好良く聞こえだすミラクルなバンドなんです。バンド自体が実験精神やパンクスピリットを核に揺らがない。そこに強い魅力があるんだと私は考えています。
勿論ニューオーダーの全てのアルバム、全てのシングルが私にとってマストアイテムであります。ベスト盤も何枚も発売されていますね。

ニューオーダーのファンはそれぞれに思い入れがあり、ベストアルバムではこの「Singles」よりも「Substance」をあげる方も多いと思います。サブスタンスは87年時点でのシングルベストであり、現在までの全てが収められていないという事もあり、今回はこの『Singles』を推薦させて頂くことにしました。

ニューオーダーを知らない人にとっては良い入門盤になると思いますし、僕自身、このベストアルバムを愛聴しまくっています(笑)

オリジナルメンバーであるベーシスト、ピーター・フックの脱退以降、New Orderの最新情報を詳しく知らないのですが、もうオリジナルメンバーでのNew Orderの新曲は聴けないのかなぁ。 バーニーとフッキーの確執、あらあらと感じながらも、New Orderらしいなぁと思っちゃう僕は相当お熱です。

NEW ORDERは青春であります◎ちょっと感情移入しすぎでしょうか。。


シングルズ [Best Of] / New Order (2005) >>

ディスク:1
1. セレモニー
2. プロセッション
3. エヴリシングス・ゴーン・グリーン
4. テンプテイション
5. ブルー・マンデイ
6. コンフュージョン
7. シーヴス・ライク・アス
8. パーフェクト・キス
9. サブ・カルチャー
10. シェルショック
11. ステイト・オブ・ザ・ネイション
12. ビザール・ラヴ・トライアングル
13. トゥルー・フェイス
14. 1963
15. タッチト・バイ・ザ・ハンド・オブ・ゴッド

ディスク:2
1. ブルー・マンデイ88
2. ファイン・タイム
3. ラウンド・アンド・ラウンド
4. ラン2
5. ワールド・イン・モーション
6. リグレット
7. ルーインド・イン・ア・デイ
8. ワールド(プライス・オブ・ラヴ)
9. スプーキー
10. クリスタル
11. 60マイルズ・アン・アワー
12. ヒア・トゥ・ステイ
13. クラフティー
14. ジェットストリーム
15. ウェイティング・フォー・ザ・サイレンズ・コール
16. ターン
17. エヴリシングス・ゴーン・グリーン(シカダ・ミックス)
18. ビザール・ラヴ・トライアングル(リチャードX・リミックス(エディット))





にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


音楽(ロック・ポップス) ブログランキングへ

このページのトップヘ