オルタナティブロック おすすめ レビュー

極めて私的ではございますが、
大好きな音楽アルバムをご紹介してみたいと思います。
USインディロックUKインディロッククラシックロック等が好きです。
ロック作品が中心ではありますが、お付き合いいただければ幸いです。
傑作アルバム、これぞ名盤と感じた素晴らしい作品をおすすめ!

タグ:サイケデリック

心地良いハンマービートにループするサイケデリックサウンドが宇宙を想像させる名盤

_AA1000_

インディー・ダンス・シーンのLarry Levanと称されたErol AlkanとのユニットBeyond The Wizards Sleeve約5年振りとなる新作が大きな話題となったPsychic TV~The Gridとして活躍してきたベテランRichard Norris率いるThe Time & Space Machineによるファーストアルバム。これは非常に気持ち良いアルバムで僕のツボであります。ノイ!やクラスターなどのクラウトロックを想起させるようなハンマービートにディレイやリバースエフェクトのかかったギターが重なって、オーガニックでご機嫌なサイケテクノロックを聴かせてくれます。ヴォーカルはメロディラインというよりも楽器のひとつとして効果的に使われている印象です。ちょっとスクリーマデリカ期のプライマル・スクリームの明るいサイケ感もありますね。このリチャード・ノリスって人のセンスは素晴らしく、土臭いサイケロックバンドやパンクロックバンドの楽曲を上手くパワーアップさせたダンスリミックスも沢山作っていらっしゃるようです。サウンドクラウドで彼の音源が聴けますので、気になった方はチェックしてみてください。
サウンドクラウドのRichardNorrisページはこちら>>
 


CDフォーマット(左)は在庫薄みたいですがダウンロード(右)が出来るみたいです。

The Time & Space Machine / Set Phazer to Stun 大好きなアルバムでおすすめです☆




にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

ファズギターが無くてもサイケデリック、摩訶不思議な日本語の歌世界

51wYS-40%2BbL

ゆらゆら帝国の坂本慎太郎が自身のレーベル、zelone recordsにてソロ活動をスタート。これは面白い!ゆらゆら帝国でも、その独特なサイケデリック感が大好きだったのだが、やっぱりこの人の才能はすごいなぁ。。日本語を感覚的に表現するところといい、根本的にサイケな人なんだろうなと感じさせてくれる傑作◎ゆらゆら帝国のサウンドの核であったファズギターサウンドは、このアルバムでは聴く事ができない。。それでも十二分にサイケデリックで美しい。。まるで僕らを何処かへ連れ出してくれるような、戻って来れないような不思議な感覚にしてくれるアルバム。坂本慎太郎氏自身が制作しているらしいPVのアニメーションも素晴らしく、何度観ても引き込まれてしまう。サウンドはギロ、マラカス、コンガ、ヴィブラスラップ、ハモンドオルガン、フルート、サックスなどを効果的に使い、オーガニックで、どこかソウル・ミュージックを思い出させてくれる。様々な楽器を取り入れつつも、サウンドイメージはとてもシンプルだ。その分、摩訶不思議、唯一無二の「歌」が、身体に染み込んでくるようで気持ち良い。最終曲「小さいけど一人前」の後半、女性コーラスが入ってくるあたりなんか、美しくて、どこか懐かしいような、物悲しい雰囲気まで漂ってきて感動しちゃいます。。

とても面白いアルバム坂本慎太郎のソロワーク『幻とのつきあい方』 超おススメです◎


坂本慎太郎 / 幻とのつきあい方 (2011)>>

side A
幽霊の気分で (Album Version) /In A Phantom Mood
君はそう決めた / You Just Decided
思い出が消えてゆく / My Memories Fade
仮面をはずさないで / Mask On Mask
傷とともに踊る / Dancing With Pain

side B
ずぼんとぼう / A Stick And Slacks
かすかな希望 / A Gleam Of Hope
何かが違う (Album Version) / Something’s Different
幻とのつきあい方 / How To Live With A Phantom
小さいけど一人前 / Small But Enough




にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

このページのトップヘ